comfortable life.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Copeland Farewell Tour Japan 2010

ツアーT 100513_copeland_l.jpg
心斎橋クラブクアトロで行われたCopelandのラストライブに行ってきました。
大好きなバンドの解散は何度も経験してきてるけど、今回はキツかった。
特にお気に入りのバンドだから、今後新たな曲が聴けないなんて考えたくないし実感も湧かない。なんだか悪い夢でも見てるようです。

とは言え…実は、彼らのライブに足を運ぶのは今回が初めて。
ライブの前日、何で今まで行かなかったんだっけ?…と考えていて、ふと思い出した。そうだ、以前テレビでライブ映像を見た時、Aaronの歌声が破綻していて絶句したのだった、と。
今回一緒に行く予定だったkazukoちゃんが多忙な為、急遽ayaちゃんが参加。
ライブがえらいことになって、気まずくなったらどうしよう…そんな不安を抱きながらスタートを迎えたのでした。

オープニングアクトはOceanlaneが努め、最後にHajimeくんがコメント。
私の場所からは確認できなかったけど、少し涙声だったような…。メンバーと親交があり、彼自身、お気に入りのバンドでもあるから解散にあたって思うことは色々あるんだろうな、と感じました。
この後予定していた中国でのライブがキャンセルになったので、この大阪でのライブが本当のラストになる、とのこと。
最初で最後のライブ参加となってしまった私は複雑な気分…。
そして、Aaronの歌声はいかに?!…と、色んな意味でドキドキしていました。

ライブが始まってみると、意外と大丈夫。なんや、歌えてるやん…と少しホッとしたのは事実。でも、やっぱり全体的にAaronのファルセットはか細くて、楽器の音に掻き消されて聞こえない時もしばしば…。
出だしからズッコケるくらいの歌声の曲があり、思わずayaちゃんと顔を見合わせてしまったりも。
そうかと思えば、妙に美しい高音を聴かせることもあり…上手いのか下手なのか分からない、不思議な感じでした。

でも、やっぱり彼らの音はステキで、何より楽しそうに演奏(特にギターが)しているので、嬉しくもあり、寂しくもありました。
1stアルバムの曲もたっぷり聴かせてくれて、すごく嬉しかった。
最後にドラムのJonathanが声を掛け、メンバー1人1人とハグ。涙ぐむメンバーもいたりして、思わずもらい泣きしそうになった感動的な場面も。

これからは別々の道で音楽と携わっていくというメンバーの前途が、明るいものでありますよう、祈っています。今まで本当にありがとう。
そして取り敢えず、お疲れさまでした!

最後に…ライブにご一緒してくれたayaちゃん、どうもありがとう。



この日のセットリストは以下のとおり(らしいです)。
        ↓

=======================================

01. Priceless
02. Take Care
03. I'm a Sucker for a Kind Word

04. The Grey Man
05. Chin Up
06. Control Freak
07. Coffee
08. Sleep
09. On The Safest Ledge
10. The Day I Lost My Voice (The Suitcase Song)
11. Eat,Sleep,Repeat

12. Pin Your Wings
13. No One Really Wins
14. When Paula Sparks
15. California

【En】
16. Brightest
17. Testing The Strong Ones
18. You Have My Attention

=======================================

Copeland Official Website
MySpace

コメント

こちらこそ、どうもありがとう~
代打でCDも直前に聴いただけの私がラストライブ・・・
もったいなくて、スミマセン!楽しかったよ!

>aya

そう言ってもらえると救われます~。
危うい歌唱力でしたが少しでも楽しんでもらえてたら嬉しいデス。
って、私が招待した訳でもないのに何言ってんだか。(大汗)

いつもご一緒してくれてありがとう!
そしてチケットとかもらってばかりでごめんなさい。感謝してます。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kaedex.blog56.fc2.com/tb.php/632-8cdb0c94

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Archive

Categories


BlogPeople

 

Recommend


また「あるある」にダマされた。

コクヨS&T CD/DVD用ソフトケース MEDIA PASS 1枚収容 50枚セット 白 EDC-CME1-50W

ハングリー・ゴースト

ヘリオス

スーパーモデル

1stミニアルバム - 光化門で(韓国盤)

7集 スペシャルエディション - This is Love (ランダムバージョン)(韓国盤)

NELL 6集 - Newton's Apple (2CD) (韓国盤)

ショパン:練習曲作品10&25

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番&第21番

キーシン・プレイズ・シューベルト

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番&ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番

Vladimir Horowitz live at Carnegie Hall

Murray Perahia-the First 40 Years

Wish list


Nikon マウントアダプター FT1

Nikon 一眼レフカメラ FM10 ボディ

Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D

FUJIFILM インスタントカメラ チェキ instax mini 90 ネオクラシック INS MINI 90 NC

菊池亜希子のおじゃまします 仕事場探訪20人

下田直子の刺しゅうの本―バッグ・ポーチ・こもの

手縫いで、革小物

レザークラフトの便利帳: 革のすべてを知って作る

Complete Works

Claudio Abbado: The Symphony Edition

Centenary Edition-100 Years of Great Recordings

バッハ:イギリス組曲第2番&第3番

バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻

ショパン・リサイタル

連続編みモチーフの模様集

おしゃべりな帽子―思ったよりずっとやさしい、帽子作り

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


私的ブックマーク

FC2Ad

Appendix

楓

Author: 楓

birth: 1969.12.01

神戸出身・姫路在住。('95~)
チェブラーシカと音楽、
タイガースをこよなく愛す。
ゆったり・まったり生活が憧れ。

ここ数年は
編み物・カメラにハマリ気味。

使用機種:Nikon D40/D7000
       Nikon 1 J1
       RICOH GX200

主要レンズ:
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di2 VC PZD B008N

Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8G

Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)

Nikon AF-S  Micro 60mm F2.8G ED AFSMICRO60GED

TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD ニコン用 B008N

H P↓
ぴょんまめ
Last update : 2005.08.27


ポラロイドフィルムForever



Powered by NINJA TOOLS



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。