comfortable life.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STARS on ICE 2010 @大阪市中央体育館

大阪市中央体育館
長年の夢だった、生フィギュア。
あのジェフリー・バトルに会える!と思うと嬉しくて興奮気味。


会場に着くと、テントでフィギュア関係のグッズが売られていて、その中に例の、ジェフの写真集を発見。
【私はもう持ってるし…】と思いながら通り過ぎようとしたら、「こちらで買うと直筆サイン入りです~。」の声。

…で、買っちゃいました…。これじゃあすっかりミーハーではないですか。(汗)
ジェフのサイン

座席に着くと、けっこうリンクに近くて嬉しくなった。スケーター達の登場口もすぐそこだし。アリーナだとパイプ椅子だし、こっちの方が良いかも(なんてちょっと負け惜しみ的な発言をしてみる)。

今回、日本とカナダのスケーターがメインのショーだった訳ですけども、ジュニアの村上佳菜子ちゃんや羽生結弦くんもいたし、中国の申雪&趙 宏博ペアなんかもいて、凄く充実した顔ぶれ。行くまではチケット代が高いなーと感じていたのだけど、これなら当然だよな…と納得してしまいました。

演技がスタートして、わらわらとカナダのスケーターが現れた時にはいきなり興奮がMAXまで達してしまった私です。おほほ。。。だって念願のジェフがそこにいるし!カート・ブラウニングもいるし!

トップの演技は荒川静香ちゃんでした。途中で衣装が替わり、歓声が上がる。
イナバウワーを二度もやってくれて、感動。生で見てもアゴに目がいってしまったけれど(失礼)、すごく美しい滑りでした。
本田武史くんの滑りは久々に見たけど、以前にも増してぽっちゃりしててJETの「She’s a Genius」でカッコつけてる姿が似合うような、違和感があるような、不思議な感じでした。でも表現力に磨きがかかっているし、ケガを何度も克服して今もこうして楽しませてくれていることに感謝。

現役日本選手達はオリンピックや世界選手権などで披露したプログラムをやってくれて、それぞれに感動。
織田信成くんはチャップリンメドレーがホントに似合う。このプログラムは彼らしくてすごく好き。結婚して演技も変化するのかな…あのあどけない感じが彼の良さだと思うのだけど。今後に注目ですね。
それにしてもみんな凄い!色んな技の連続で、いちいち声が上がってしまう。
凄いと言えば、申雪&趙 宏博ペア。ペアの演技って曲芸みたいだよなぁ。
なんであんなことができるのかと感心してしまう。
そしてもっと凄いのがカート・ブラウニング。もうすぐ44歳になるとは思えないキレのある滑り。軽快なステップ、力強いジャンプ、早技に驚くばかり。そしてあの見事なエンターティナーぶりにも…。魅せ方をホントに知り尽くしていて、茶目っ気たっぷりで、こんなに魅力的なスケーターはなかなかいない。彼がいるだけで場が盛り上がるし、和みもする。これからいくつまで楽しませてくれるのか…期待せずにはいられません。

後半は静香ちゃんとジェフ、スコット・モイヤーの3人の滑りでスタート。
静香ちゃんに言い寄る美男2人…何とも贅沢な。
お次は村上佳菜子ちゃんが登場しましたが、彼女は将来が非常に楽しみな選手だなと感じました。滑りがなめらかで綺麗。これでジャンプの精度が上がれば真央ちゃんクラスの選手になるのでは…と思ったり。もちろん表現力など必要なものがまだまだ沢山あるけれど、経験を積めばどんどん磨きが掛かってきそう。華があって可愛いし、魅力的でした。

ジョアニー・ロシェットがその見事な筋肉を見せつけながら舞った後、彼女の友人であるジェフリー・バトルがいよいよ登場!
うきゃーうきゃー。やっぱり一番美しい立ち姿だわ!やっぱり華麗なステップだわ!見事なスピンだわ!…なんて思いながら興奮して見ていたら、アッと言う間に終わってしまいました。特別に好きだからか、すごく短く感じてしまった。

真央ちゃんは大好きな「仮面舞踏会」ではなかったけど、あの扇子を持って踊る「カプリース」が可憐で、ホントに見とれてしまった。ジャンプに安定感があるし素晴らしい!今回、真央ちゃんの滑りがホントに楽しみだったので、こちらも短いと感じたのでした。

テッサ・バーチューとスコット・モイヤーのペアは何も言うことなし。美男美女で何もかもが美しすぎる。すっかり別世界に連れて行ってくれました。お見事。

最後に登場したのが、高橋大輔くんでした。大きなケガを乗り越え、ここまで成長したことに拍手です。そして今までで一番完成度が高いと感じた、あの「道」のプログラムをやってくれて、感激。1つ1つの動作がツボで、見事な表現力と技に思わず興奮しました。
会場のボルテージも最高潮で、終わったと同時にスタンディングオベーションです。ホントにブラボーとしか言いようがない…。

フィナーレまでがホントにアッと言う間でしたが、充分に堪能できたし、一度観られたら満足、と思っていたのに、もう来年のスターズオンアイスに思いを馳せている私なのでした。また観たい!

STARS on ICE JAPAN TOUR 2010 公式サイト


コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kaedex.blog56.fc2.com/tb.php/620-b67295b5

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Archive

Categories


BlogPeople

 

Recommend


また「あるある」にダマされた。

コクヨS&T CD/DVD用ソフトケース MEDIA PASS 1枚収容 50枚セット 白 EDC-CME1-50W

ハングリー・ゴースト

ヘリオス

スーパーモデル

1stミニアルバム - 光化門で(韓国盤)

7集 スペシャルエディション - This is Love (ランダムバージョン)(韓国盤)

NELL 6集 - Newton's Apple (2CD) (韓国盤)

ショパン:練習曲作品10&25

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番&第21番

キーシン・プレイズ・シューベルト

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番&ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番

Vladimir Horowitz live at Carnegie Hall

Murray Perahia-the First 40 Years

Wish list


Nikon マウントアダプター FT1

Nikon 一眼レフカメラ FM10 ボディ

Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D

FUJIFILM インスタントカメラ チェキ instax mini 90 ネオクラシック INS MINI 90 NC

菊池亜希子のおじゃまします 仕事場探訪20人

下田直子の刺しゅうの本―バッグ・ポーチ・こもの

手縫いで、革小物

レザークラフトの便利帳: 革のすべてを知って作る

Complete Works

Claudio Abbado: The Symphony Edition

Centenary Edition-100 Years of Great Recordings

バッハ:イギリス組曲第2番&第3番

バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻

ショパン・リサイタル

連続編みモチーフの模様集

おしゃべりな帽子―思ったよりずっとやさしい、帽子作り

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


私的ブックマーク

FC2Ad

Appendix

楓

Author: 楓

birth: 1969.12.01

神戸出身・姫路在住。('95~)
チェブラーシカと音楽、
タイガースをこよなく愛す。
ゆったり・まったり生活が憧れ。

ここ数年は
編み物・カメラにハマリ気味。

使用機種:Nikon D40/D7000
       Nikon 1 J1
       RICOH GX200

主要レンズ:
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di2 VC PZD B008N

Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8G

Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)

Nikon AF-S  Micro 60mm F2.8G ED AFSMICRO60GED

TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD ニコン用 B008N

H P↓
ぴょんまめ
Last update : 2005.08.27


ポラロイドフィルムForever



Powered by NINJA TOOLS



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。