comfortable life.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のタイガース

昨日はサヨナラ勝ち、今日は若手先発くん攻略に苦労したものの、投手が交代した後半に大量得点で勝利!
平野くんのタイムリーに痺れ、矢野さんのヒット、HRに沸き…と、最近は良い流れで勝ち越しカードを増やしていますが、如何せん
今までの借金が多すぎるので、このままではAクラスも危ういですね…。
せめて甲子園に行った時くらいは良い試合を見たいな~と思うんですが、来月1日、11日に予定している観戦はどうなるのやら…ドキドキ。
消化試合になってないといいなぁ…。
や、弱気はいけませんね。(と自分に言い聞かす)
クライマックスシリーズに向けて、最後まで諦めずに行きましょう!

…ところで。

昨晩の試合で、どうにも納得できないと言うか、ガッカリした行為があったので書き留めておきます。(多分、長くなります)

同点で迎えた8回裏、ランナー1、2塁、1アウトの場面。絶好のチャンスでバッターボックスに立ったアニキは、併殺打に倒れました。
広島の内野の見事な守りに負けてしまった訳ですが…1塁ベースで立ちつくしたアニキは、もの凄い形相でヘルメットを投げつけ、グローブを叩き付け、ベンチ前のプレートを蹴り、挙げ句はバットをベンチの床に何度も叩き付けて折り、通路の方へ投げつける始末。(関係者が立ってたのに…危ないってば)
なんかえらく興奮していたようなのですが、見てるこっちは引きまくりでした。
チャンスで凡退するとガッカリはしますが、次に良いプレーを見せてくれれば私たちは納得するし、最後まで諦めない、懸命なプレーを見れれば幸せなのです。勝って欲しいとは思うけど、全力でやって負けたのなら仕方ない。
なのに…あんな姿を見せられると本当に腹が立ちます。
何連敗もすること以上に、私は許せないんです。

何やらこのアニキの行為を、闘志が溢れ出ただけのことで、これがチームへの喝となり、サヨナラに繋がった…なんて美化する報道や意見を多数見かけるのですが、何それ?と言いたい。
自分の不甲斐なさを物にぶつけただけの暴力行為以外の何ものでもないのにこんな風に肯定しないで欲しい。
夏休みで子供もいっぱい来てるのに…悪い手本にしかならないです。

もともと物にあたる行為自体、大嫌いなんですが、野球選手がグラブやらバットやらに怒りをぶつける姿を見るのは心底嫌いだし、軽蔑します。
自分の為に、細々と注文を聞き入れてもらい、特別に作り上げてもらったバット。ゲーム中に折れてしまうのは仕方ないけど、自ら叩き付けて折るなんて…考えられない。プロとしてはもちろん、人間としてもどうかと思う。
職人さんに失礼です。こういうのって高年俸でお金の有難味を感じなくなってるからやるんじゃないかと感じてしまう。傲慢になってるんじゃないかと。

新庄さんが選手の時は、プロ入りして初めて自分で買ったグラブを、何度も何度も修理して、引退まで使ってたんですよね。私は特に好きではない選手でしたが、スター選手になっても初心を忘れないように心掛けている、そういう部分はステキだな、と思います。
イチロー選手だって、思わずバットを投げつけそうになったことがあったけど、思いとどまってやめたのを見たことがあります。普段、道具を大切にする選手だからでしょうね。発言は、よく「サムイな~」と思うことがありますが、さすが一流の選手だなぁと感じます。
それに引き替えアニキは…未熟すぎる。

ゲームは、数え切れないほど沢山の人に支えられて行われてる。
球場関係者はもちろん、チームの中にも裏方さんは沢山いる。
人に見えない場所で、しっかりサポートしてくれる人がいるからこそ、選手達は表舞台で輝けるのに。そういうの、ちゃんと理解してるのかなって思う。
昔は選手だったコーチが、年下である選手の為に指導もすれば、手助けもしてくれる。ヒットを打って塁に出た時、一塁コーチは無造作に渡されたレガースを受け取ってくれる。攻守交代の時にはヘルメットやらも受け取ってくれる。
その時、「すみません」のひとこととかあってもいいんじゃないだろか…といつも思ったりして。これって殆どの選手が当然のように手渡してるんだけど。

まぁボールボーイやら裏方の方々にまでいちいち頭下げてたらキリがないし、そんなヘコヘコしてるのもおかしいんだろうけど、何というか、そういう感謝の気持ちを忘れない選手こそが真のスターになれるんじゃないかなって思う
のです。少なくとも、私はそういう選手にしか惹かれないし、そうでない選手のことは、本気で応援する気にはなれません。

今回のことで、さすがアニキ!なんて言ってるファンにはうんざりするし、そういう多数のファンを見ていると、これだから阪神ファンは…なんて思ってしまうのでした。
自分のプレーに腹が立ったのなら、自分の顔でも叩いてたら?
そんなの見るのも怖いけど(笑)、道具壊して暴れるよりよっぽどいい。
暴れてるのを見て喜んでるファンは、格闘技ファンなんですか?そんなファイトはいりません。野球選手ならプレーでハッスルして下さい。

平野選手なんて、清々しくて大好きだけどなぁ。私の知る限りでは礼儀正しいし、いつも全力で向かう姿に、爽快な気分になる。
ああいう、プレーで魅せる選手になって下さい。お願いします。

そうそう、今日の「虎バン」。
アニキの暴れっぷりを美化したような「虎動」のコーナーを見終えて福本豊さんが一言。「あれはやったらアカンわな。」
さすが福本さん!スッキリしました。


さてさて…ただいま2軍落ちしてる林くんの調子が気になる私ですが。
いつ上に上がってくるのでしょうか?ケガとかしてないといいんですけど…彼の爽やかなプレーと、笑顔が見られる日を楽しみにしつつ。
タイガース、がんばれ~~!

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kaedex.blog56.fc2.com/tb.php/535-0f489796

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Archive

Categories


BlogPeople

 

Recommend


また「あるある」にダマされた。

コクヨS&T CD/DVD用ソフトケース MEDIA PASS 1枚収容 50枚セット 白 EDC-CME1-50W

ハングリー・ゴースト

ヘリオス

スーパーモデル

1stミニアルバム - 光化門で(韓国盤)

7集 スペシャルエディション - This is Love (ランダムバージョン)(韓国盤)

NELL 6集 - Newton's Apple (2CD) (韓国盤)

ショパン:練習曲作品10&25

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番&第21番

キーシン・プレイズ・シューベルト

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番&ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番

Vladimir Horowitz live at Carnegie Hall

Murray Perahia-the First 40 Years

Wish list


Nikon マウントアダプター FT1

Nikon 一眼レフカメラ FM10 ボディ

Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D

FUJIFILM インスタントカメラ チェキ instax mini 90 ネオクラシック INS MINI 90 NC

菊池亜希子のおじゃまします 仕事場探訪20人

下田直子の刺しゅうの本―バッグ・ポーチ・こもの

手縫いで、革小物

レザークラフトの便利帳: 革のすべてを知って作る

Complete Works

Claudio Abbado: The Symphony Edition

Centenary Edition-100 Years of Great Recordings

バッハ:イギリス組曲第2番&第3番

バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻

ショパン・リサイタル

連続編みモチーフの模様集

おしゃべりな帽子―思ったよりずっとやさしい、帽子作り

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


私的ブックマーク

FC2Ad

Appendix

楓

Author: 楓

birth: 1969.12.01

神戸出身・姫路在住。('95~)
チェブラーシカと音楽、
タイガースをこよなく愛す。
ゆったり・まったり生活が憧れ。

ここ数年は
編み物・カメラにハマリ気味。

使用機種:Nikon D40/D7000
       Nikon 1 J1
       RICOH GX200

主要レンズ:
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di2 VC PZD B008N

Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8G

Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)

Nikon AF-S  Micro 60mm F2.8G ED AFSMICRO60GED

TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD ニコン用 B008N

H P↓
ぴょんまめ
Last update : 2005.08.27


ポラロイドフィルムForever



Powered by NINJA TOOLS



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。