comfortable life.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Live Potsunen 2008 「Drop」

DROP Flier待ちに待った、ポツネン2008。
22日(土)、夜の部に行ってきました!
あぁ、もう…楽しかった~♪
席も前から6列目の右側(教授のデスク側)でよく見えたし、満足満足!
今回はしょーたろと行ったのですが、実はそのしょーたろが舞台の稽古で間に合わず…席にやってきた時には7時を軽~く過ぎておりました。
(その上、インキーして後でJAFを呼んでるし…散々やったねぇ…。笑)
そんな訳で、半分以上は1人で観ていたことになるのですが、彼女に申し訳ないくらい楽しんでました。ずっと大笑いしてました…ごめんね~。

以下、ネタバレを若干含むかも知れませんのでご注意ください。

グッズとしても販売されていたDROPの缶から始まるストーリー。
江戸っ子な魔法使いとのやり取りが面白い。
今、私が「ちりとてちん」にハマっているのもあって、こういう落語的な表現がすごく心地良かったりします。
実は、こないだ家でも話してたんですけど、私ってまるで創作落語のように話をしてしまうことがあるのです。(というか、いつも?)
誰々がこう言ったから私がこう言って…と、出来事を話す時はたいていその人の口まねで表現するので、傍から聞いているとどうもそんな感じらしく。
日常会話でオチをつけようとするのは、やっぱり関西人の血でしょうか。や、故意ではないんですけどもね、自然となるんですよ、えぇ。
…と、話は逸れましたが。
賢太郎さん、落語好きなのねーといつも思います。
豆絞りの手ぬぐいと扇子を存分に使いこなし、なかなかサマになってます。
扇子をぶら下げ「キャンプのトイレなんかによくいる、でっかい蛾」と言った時は思わず吹き出してしまいました。思い出しちゃったよ、中学のキャンプで見た、薄緑の巨大な蛾を!(ブルブル。。。)
途中、上手と下手を間違えて…と言うか、坊ちゃんの高い声で毛虫くんのセリフを言ってしまうハプニングもありましたが、それがまた面白かったデス。

今回もあった、アナグラムの穴。
「せかいちず」のアナグラムを披露した後、ケースにしまう時にポツリと「…なんか生まれそう…。」とつぶやき、「ちかせいず」を披露してくれたのですけども。直後に自分でNG出して、「見切り発車。試してごめん!」と。(笑)
個人的には「ネアンデルタール人」あたりが面白かったです。強引なとこが。って言うか…ちくわマン。暴走しすぎ!(笑)後々のラジオドラマ風な「怪傑ちくわマン」までありましたしね。わっはっは。あ、毛虫くんがめちゃ可愛かったなぁ。グッズで欲しいくらいです。
最後のカードはやや強引な文章で長いな~と思っていたら…いやぁ、アレには驚きました。そういうことなら、納得です。思わず拍手。

応用雑学の小宮山教授が再び出てきたり、ウルトラクイズがあったり、走れメロスが色々変化したり…今までのポツネンやその他の公演などとリンクしたネタや小物があったりして、そういうのも楽しかったです。
GBLの万能ネギもね! まさか実体になって出てくるとは…。(笑)

スクリーンでDROP(水滴)と格闘するパフォーマンスではホントの水を使ってましたね。バケツの水を一度捨てきった時、何となく私はもう一度バケツから水が出るんじゃ…と思ったのですがホントにそうだったので、感心しつつもウケてしまいました。
ああいうマジック的なからくり、お好きなようで。

最近の賢太郎さんは、最後をドラマティックに迎えるのが好きなのか、いくつかの公演でもそういう傾向がありましたし
特に、いままでのポツネンなどは、しっとりしたエンディングでしたが今回はそういうまとめ方ではなかったですね。ちょっと珍しいかも。
それにしても、色々思いついたことをキッチリとカタチにして、それをちゃんと1つにまとめているところがお見事です。
誰もが思いつくようなコトでも、それを見せられるモノにするのには、それなりのセンスとアイディアが必要。
この人には、そういったものがちゃんと備わっているのだなぁ、といつもいつも感心します。凄い方です、ホントに…。
お陰様でホントに楽しい夜を過ごせました。どうもありがとう!

DROP & ポツネンCD

グッズ、買いました。
ドロップと言えばサクマドロップ!これも例外にあらず。…節子ぉ~!
あと、待望のポツネンCD!嬉しすぎます。
もう、鳥肌。カッコ良くて、その上ドラマティックなところが大好きです。全部いいけれど、特に○maruのエンディングがグッときます。先日、「サントラって、買っちゃうと満足して、そんなに聴かへんよね~。」なんて友人に話したばかりなのですが。前言撤回。(早っ)今もリピートしてます~。えへへ。
それにしても、オマケの五線譜ブックはどうすれば宜しいのでしょうか?勿体なくて使えないけど、私にはそもそも使い道が見つかりません。

Rahmens.net
Potsunen.net

コメント

どうやら福岡の人々ったらえげつない二度並びをしまくったらしく
ドロップ缶は1人1個限定に減っちゃったらしいね・・・。

そういえば、
福岡初日の公演では「けむしご」→「警固、無視」というローカルなアナグラムを披露してくださいました。
※警固:地名 ~交差点

万能ネギで、馬坂仁のマネはやってくれましたか?

あらら。そういうことだったの?<1人1個
まぁ私は1つあれば充分だと思ったけど…あれを2つ買って
みんなどうするのかなぁ…それが知りたい。(笑)

賢太郎さんはいつもローカルネタを考えてくれるよね!
こっちではウルトラクイズの舞台は甲子園だったのだけど、
福岡だとやっぱり福岡のヤフードーム?
アナグラムでは神戸ネタはなかったような気がする…(記憶が曖昧)
ウルトラクイズで六甲が出てきたくらいかなぁ。

万能ネギで馬坂仁?!
え~。それはなかった気がする…私が気付いてないだけかなぁ?
小ネタ多いから、ボーっとしてるとたまに聞き逃してしまうのんね。
しょーたろのことが気になってたから集中できてなかったりしてたもので。(汗)
なんか色々聞いてると、福岡の方が面白かったのかな、なんて
思ってしまうなぁ~。

DVDって、いつも東京公演のものだけど、たまには他の地区のも
観てみたいわ。
オマケ映像でもいいから、各地の面白かったネタとか入れて欲しいー!

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kaedex.blog56.fc2.com/tb.php/268-f2c832d8

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Archive

Categories


BlogPeople

 

Recommend


また「あるある」にダマされた。

コクヨS&T CD/DVD用ソフトケース MEDIA PASS 1枚収容 50枚セット 白 EDC-CME1-50W

ハングリー・ゴースト

ヘリオス

スーパーモデル

1stミニアルバム - 光化門で(韓国盤)

7集 スペシャルエディション - This is Love (ランダムバージョン)(韓国盤)

NELL 6集 - Newton's Apple (2CD) (韓国盤)

ショパン:練習曲作品10&25

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番&第21番

キーシン・プレイズ・シューベルト

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番&ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番

Vladimir Horowitz live at Carnegie Hall

Murray Perahia-the First 40 Years

Wish list


Nikon マウントアダプター FT1

Nikon 一眼レフカメラ FM10 ボディ

Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D

FUJIFILM インスタントカメラ チェキ instax mini 90 ネオクラシック INS MINI 90 NC

菊池亜希子のおじゃまします 仕事場探訪20人

下田直子の刺しゅうの本―バッグ・ポーチ・こもの

手縫いで、革小物

レザークラフトの便利帳: 革のすべてを知って作る

Complete Works

Claudio Abbado: The Symphony Edition

Centenary Edition-100 Years of Great Recordings

バッハ:イギリス組曲第2番&第3番

バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻

ショパン・リサイタル

連続編みモチーフの模様集

おしゃべりな帽子―思ったよりずっとやさしい、帽子作り

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


私的ブックマーク

FC2Ad

Appendix

楓

Author: 楓

birth: 1969.12.01

神戸出身・姫路在住。('95~)
チェブラーシカと音楽、
タイガースをこよなく愛す。
ゆったり・まったり生活が憧れ。

ここ数年は
編み物・カメラにハマリ気味。

使用機種:Nikon D40/D7000
       Nikon 1 J1
       RICOH GX200

主要レンズ:
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di2 VC PZD B008N

Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8G

Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)

Nikon AF-S  Micro 60mm F2.8G ED AFSMICRO60GED

TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD ニコン用 B008N

H P↓
ぴょんまめ
Last update : 2005.08.27


ポラロイドフィルムForever



Powered by NINJA TOOLS



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。