comfortable life.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wouter Hamel LIVE @ Billboard LIVE OSAKA

080201_wouter行ってきました、ウーターくんのライブ。
Billboard LIVEは初めてでしたが
なかなかに良い雰囲気。
カジュアル席でまったりうっとり
してまいりました。
んもぅ、生ウーターくんはめちゃ
可愛い!何をするのも可愛すぎ!
動作がいちいち可愛いのっ!
(↑しつこい)
いやいや…ルックスのことばかり
言うのも何ですが、ホントに可愛かったのですよ…そして何より歌が上手いっ!センス抜群!心地良い音に包まれて、終始ニヤニヤしていた怪しい私です。18:30、アルバム1曲目の「details」で始まったライブ。
もう、第一声でやられました。なんて甘い歌声!うっとり…。
ピアノはリズミカルでパワフルで素晴らしかったし、ドラムとパーカッションの息はピッタリ合っていて、そこに主張しすぎないダブル・ベースとギター。
たまにパーカッションやピアノにちょっかい出したり、ピアニカや鉄琴を弾いたりするウーターくん。まるで、いたずらっ子みたい。30歳なのに!
今夜はスカイブルーの小ぶりなケースに入った鉄琴が大活躍してました。
曲のアクセントになってると言うか、ラブリー度が増す増す。
しっかりジャズしてるのに、ポップで可愛らしい。これは彼にしかだせないカラーだと思いました。
途中、プロデューサーでシンガーでもあるBenny Singsが登場して、ウーターくんは客席でまったり。そしてベニーが3曲ほど熱唱。
何というか…ヘタウマ系?それとも…あ、いえいえ…なんというか微妙な衣裳で独特の雰囲気に笑いを堪えるのが大変でしたが、これはこれで良かったです。まぁ、終盤ウーターくんと一緒に歌った時は歌唱力の差がありありで、ニヤリとしてしまいましたが。
帰り、カウンターにこんな風に↓並んだCDを発見。
I Love You ヘメル
ベニーさんもアルバム出してるんですね…あっはっは。(笑いすぎです)
それにしても。バンドは仲良く息もピッタリで、すごく心地良いひとときでした。大好きなジャズピアノとダブルベースを生で聞いたのは久々。
日頃の疲れも少し癒されました。ステキな夜をありがとう!
(ご一緒してくれたayaちゃんも、どうもありがとう。また行こうね!)

Wouter Hamel Official Website
MySpace
特設サイト(JP) *ココで見られるPVにあの鉄琴が登場!

コメント

ウーターくん良いですよね~。

[色:33FFFF]楓さん はじめまして。
小鳥と申します。

Wouter Hamel LIVE @ Billboard LIVE OSAKA読ませていただきました。
ライブの楽しさがひしひし!と伝わってきましたよv-264

私はWouter Hamel LIVE @ Billboard LIVE TOKYOに行きます。
楓さんの記事を読み
ますますライブが楽しみですv-10

ところで楓さん
ウーターくんはdetailsのほかには何を歌いましたか?

>小鳥さん

初めまして。コメントありがとうございます!

昨夜は興奮状態でなかなか眠れず(笑)、一気に駄文を連ねてしまいました…。
セットリストは正直、ちゃんと覚えてないのですが、
アルバムの中の曲はだいたい歌っていたと思います。
もちろんそれ以外の曲も。ベニーさんの3曲も含んで、ライブの長さは1時間半でした。
終盤に「as long as we're in love」をベニーさんと一緒に歌っていたはず…あ~記憶が曖昧でごめんなさい…。(汗)
もう、とにかく目がハートになっちゃうようなメロメロステージだった もので、
意識が飛んでます…ちゃんとしたレポできなくてすみません。

小鳥さんはこれから東京でのライブを体験されるんですね!
あぁ、羨ましい…!!できることなら、私ももう一度ライブに行きたいです。
きっときっと素敵な夜になることと思います。
しっかり堪能してきて下さいね!
そして、よろしければ東京でのライブのお話をまた聞かせて下さい~。

お返事ありがとうございます。

メロメロステージ良いですねぇ。
私も早くメロメロしたい!(笑)

「as long as we're in love」素敵ですよね。
でもこの曲を“ベニーさん”とデュエットって
ちょっと微妙?(笑)

私もライブを楽しんできますね。

ウーターくんにメロメロな楓さんにプレゼントです。
↓ [Toko94] (ジャケットの撮影)
http://jp.youtube.com/watch?v=Zw35Efd8jN0
↓[Hamel in studio](レコーディング ベニーさんも登場)
http://jp.youtube.com/watch?v=xS7A0UpQQpM

又来ま~す。

!!

うあああああ。可愛すぎ!
ステキな動画プレゼント、ありがとうございます!
ウーターくんはどうしてこんなにチャーミングなのでしょう…。
(そしてベニーさんのモジャモジャっぷりにウケました。笑)
ライブ終わってから、ウーターくんののアルバムしか聴いてない状態です。
ハマりすぎてる自分が怖いです…。

あ。ベニーさんとデュエットしたのは「as long as we're in love」じゃ
なくて「cheap chardonnay」だったような気も…。
なんだか違いすぎますよね…ホントに記憶が曖昧ですみません~~。

もうとにかくステキ、の一言なので楽しんで来て下さい!
演奏も素晴らしかったですよ☆ メロメロ~。

楓さ~ん

ウーターくんのライブ行ってきましたよぉ~!
きゃ~メロメロ~!!

ベニーさんは全身猫柄の衣装で登場(ーー;)

週末にでも又ゆっくりコメントします。
取り急ぎご報告でした~。

小鳥さ~ん

早速のコメント、ありがとうございます☆
ライブに行ってきたんですね!
メロメロ~メロメロ~羨ましい~~~!

ベニーさん、すごい衣裳でしたよね。(笑)
見た瞬間、笑いが出ましたもん。
なかなかにインパクト大なキャラだなぁと思いました。

小鳥さんは今頃、まだまだ余韻に浸っているのでしょうか…。
きっと素敵なライブだったことでしょうね!
また色んなお話を聞かせてくれると嬉しいです。
コメント、お待ちしておりまぁす。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

つづき~

↑を書いた後
すぐコメントを入れたのですが
うっかり消してしまいました(-_-;)

改めて
ライブの感想の続きです。

ウーターくん連日のライブの疲れも見せず
会場中を走る走る!
上階にも駆け上がり
お客さんの中に入って一緒に手拍子&ジャンプ
そりゃ~も~
お客さんテンションも上がりますよ~。

メンバー全員が最高!
上手だし息がぴったりだし
なにより皆さん音楽をすごく楽しんでますよね。
是非ともあのメンバーで
ライブCDorDVDを出してほしい!
あっでも毎日お家でメロメロしちゃいそうで
危険ですね。

楓さんとこうしてコメント交換できて
ライブも一層楽しめました。
ありがとうございました~♪

興奮っ!

いやぁ、もう色んな意味で興奮しましたよ…
素晴らしいです、小鳥さん。(笑)
あ、消されたコメント、一度送信されたようで、
私のところにお知らせメールで来てました。
なので、こっそり読んでますよ。(笑)

やっぱり東京は盛り上がりが違うなぁ…
と言うより、ライブも日を重ねてノリが更に増したのでしょうか。
私は早々と行ってきたので、ちょっと損した気分。な~んちゃって。
うそうそ。
でも、そんなにウーターくんが飛び回っていたとは。
よっぽど楽しかったのでしょうね~♪可愛いっ!!

ライブの後は、私もしばらくメロメロ~ヘラヘラ~してました。(笑)
DVDなんてあったら…もう!!
でも、ライブのはもちろんのこと、PV集なんかもそろそろ出して欲しい。
絶対買うのに~~~!!

何度もコメントして頂いて、こちらの方こそありがとうございます!
やっぱりライブって、終わってからも大切ですよね~。
余韻が楽しめると、数倍楽しい!
ホントにありがとうございました~♪

はじめまして。
音楽関係でいろいろとブログ検索していたら
ここに辿りつきました、高校2年生のSaoriといいます。
Wouter Hamelわたしも大好きなんです♪
ライヴ、きっとすごくよかったでしょうね…!!!
彼は、本当にお気に入りで、素敵なアーティストだと思います。
わたしのブログでも記事を書いたので、もし良ければ
遊びに来てくださると嬉しいです。

ちなみに、わたし神戸出身神戸在住の神戸っ子なんです。
同じ地元出身の方には何だか勝手ながら親近感が
湧いてしまいました。笑

音楽や本など魅力的な記事がたくさんで
このブログすごく気に入っちゃいました!!
これからも楽しみに読ませてください。よろしくお願いします♪

>Saoriさん

初めまして。コメントありがとうございます!
高校2年生ですか。お若くていらっしゃる…高校時代なんて
いつの事やら…ってくらいに昔な私のブログへようこそ☆
こんなおばさんの記事に反応して頂いて…嬉しいです。

ウーターくん、良いですよねー!
アルバムのジャケット見て、ドキュン。一聴して、ドキュン。
完全にやられてしまいました。
ライブ、言葉では表しきれないくらいに良かったですよー。
Saoriさんも、次の機会があれば体験してみて下さい。ぜひ。

私も元・神戸っ子として、Saoriさんに勝手に親近感。(笑)
神戸と聞くと無条件に反応してしまう私です。
マイペース更新の、だらだら日常書き綴りブログですが
楽しんで頂けると幸いです。
こちらこそ、宜しくお願いします。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kaedex.blog56.fc2.com/tb.php/249-c8c1cd41

ジャズを聴きに

楓ちゃんに教えてもらった、ウーターさん。ライブがあると誘ってもらって、ビルボードライブ大阪へ。ジャケットの写真が恐ろしく写りがよかったらどーしよー、男前チビの法則が発動してたらどーしよーと思ったけど、杞憂でした。カワイイ…歌もうまい。何より楽しそうに演...

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Archive

Categories


BlogPeople

 

Recommend


また「あるある」にダマされた。

コクヨS&T CD/DVD用ソフトケース MEDIA PASS 1枚収容 50枚セット 白 EDC-CME1-50W

ハングリー・ゴースト

ヘリオス

スーパーモデル

1stミニアルバム - 光化門で(韓国盤)

7集 スペシャルエディション - This is Love (ランダムバージョン)(韓国盤)

NELL 6集 - Newton's Apple (2CD) (韓国盤)

ショパン:練習曲作品10&25

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番&第21番

キーシン・プレイズ・シューベルト

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番&ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番

Vladimir Horowitz live at Carnegie Hall

Murray Perahia-the First 40 Years

Wish list


Nikon マウントアダプター FT1

Nikon 一眼レフカメラ FM10 ボディ

Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D

FUJIFILM インスタントカメラ チェキ instax mini 90 ネオクラシック INS MINI 90 NC

菊池亜希子のおじゃまします 仕事場探訪20人

下田直子の刺しゅうの本―バッグ・ポーチ・こもの

手縫いで、革小物

レザークラフトの便利帳: 革のすべてを知って作る

Complete Works

Claudio Abbado: The Symphony Edition

Centenary Edition-100 Years of Great Recordings

バッハ:イギリス組曲第2番&第3番

バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻

ショパン・リサイタル

連続編みモチーフの模様集

おしゃべりな帽子―思ったよりずっとやさしい、帽子作り

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


私的ブックマーク

FC2Ad

Appendix

楓

Author: 楓

birth: 1969.12.01

神戸出身・姫路在住。('95~)
チェブラーシカと音楽、
タイガースをこよなく愛す。
ゆったり・まったり生活が憧れ。

ここ数年は
編み物・カメラにハマリ気味。

使用機種:Nikon D40/D7000
       Nikon 1 J1
       RICOH GX200

主要レンズ:
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di2 VC PZD B008N

Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8G

Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)

Nikon AF-S  Micro 60mm F2.8G ED AFSMICRO60GED

TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD ニコン用 B008N

H P↓
ぴょんまめ
Last update : 2005.08.27


ポラロイドフィルムForever



Powered by NINJA TOOLS



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。