comfortable life.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Acres Of Dead Space Cadets / Elle Milano

B0012PYHBK Acres Of Dead Space Cadets
 Elle Milano

 EMIミュージック・ジャパン
 2008-03-12

======================================
英ブライトン在住の3ピースバンド、エル・ミラーノのデビュー盤。
なぜかアマゾンで検索かけてもリリース済みのものが出てこないのだけど、HMVではUK盤が既に発売されてます。(アマゾンではそのUK盤が4月発売になってますね…しかもお値段が高い。なんで?)
日本盤が出るのを知ってたら待ったのに…ボートラ2曲+PV入りですって。
それにしても、この音をどう表現していいのか…
ピッタリな言葉が浮かばないです、ごめんなさい。でも私は好きな音です。
どんな感じ?と思われた方は試聴でお確かめ下さい。

Elle Milano Official Website( UK / JP )
MySpace
スポンサーサイト

今年1番の雪。

ゆきだるま朝、目覚めると辺り一面真っ白でした。
昨夜なんとなく不安になったので、念のためパンジーなどの植木鉢を避難させておいたのですが、まさかここまで降り積もるとは。
…って、その降り積もった雪の写真を沢山撮ったのに、なんとデータが全て消えてた…ショック。なんか、最近多いんだな。
SDカードをPCに差した途端、おかしくなる現象が。エクスプローラで表示されてないからもう一度カードをカメラに差し戻してみると
「認識できない画像です」って言われるの。もぉー、なんなんだよぅ!!
やっぱり安いカードはダメなのかな。今、予定外の出費をするのはキツイんだけど、買い替えた方が良さそう…。(まさかカメラの方の不具合じゃないよね…?だったら最悪)

画像が取り込めないことに気付いてから、慌てて撮り直した雪だるまの写真だけ載せておきます。(作ったの、何年ぶりだろう?)すでに周りの雪は溶けきってるし。…ぐっすん。

Field Manual / Chris Walla

B0010B8DWK Field Manual
 Chris Walla

 Bad News (Victor)(V)(M)
 2008-01-23

======================================
デスキャブのギタリスト兼プロデューサーである、クリス・ウォラの初ソロ。
じっくり聴く時間がなかったので数回車中で聴いて放置してあったのだけど、家で改めてヘッドフォンで聴いてみたら、これがまた良い出来で。
ギターの音色とかドラムのリズムとか、1つ1つが心地良い。
デスキャブと言えばVoのベンが中心的な感じがしますが、それに加えて、やはりクリスの存在もかなり大きなものなんだなぁとしみじみ思ったり。
バンドではコーラスもやっているだけあって、デスキャブを思わせる耳当たりのよいヴォーカル。(声もちょっと似てる)
メロディの良さはもちろん、言うことなし。好きです。
このアルバムを聴いていたら、彼がプロデュースした作品も聴きたくなり、久々に引っ張り出して聴きました。

OUT OF THE FIERCE PARADE Out Of The Fierce Parade
 The Velvet Teen


The Weight Is A Gift The Weight Is A Gift
 Nada Surf


うん、やっぱり凄くいいわ~!

ところで待望のデスキャブの新譜ですが、5月13日にリリースされる模様。
タイトルは「NARROW STAIRS」ですって。あぁ、待ち遠しいー!!

Cris Walla OFFICIAL WEBSITE (Hall Of Justice)
"Field Manual" Special Website

Death Cab For Cutie OFFICIAL WEBSITE
MySpace (Chris Walla /DCFC)
Bad News Records

人の振り見て我が振り直せ

検索サイトでたまったま見つけ、気になったので飛んでみたブログの
記事タイトルにあった言葉。
 「完封なきままに」
…ん?
そして、それに続いていた文章。
 「完全に振られました」
………。
うん、そりゃあ振られるよ…。と思ったのは私だけ?
はじめは「完膚なきまでに」を捩ってつけたタイトルかと思ったのです。
「完封」とか「振る」とか、野球好きな方のブログかなぁ、なんて。
でも内容をサラリと読んでみたところ、ごくごく真面目(?)な文章で、野球とか全然関係なかったのでした。
そしてミスタイプとも思えない感じだったので、あらら…と。

まぁ私もけっこう勘違い多いし、気を付けないとだなぁ…。

マグボトル+ケース。

SAHARA & ケースこないだMaeのライブに行った帰り、LOFTで買ったマグボトル。タイガーさんのSAHARAです。
よく、バッグにペットボトルを入れて持ち歩くことがあるのだけど時間が経つとぬるくなっちゃうし不経済だな~とも思っていて。
これくらいでエコうんぬんを語る気はさらさら無く、取り敢えずコンパクトな水筒が欲しかったので買った訳です。
アラジンのとかは可愛いけど携帯性が悪そうだし、これはちっこくて便利。
だけど、そうでなくてもいつもバッグが重くて困ってるのに…何やってんだか。
でもまぁそんなに重くないボトルなので、苦痛ではありませんが。
これは結露しないので、そのまま持ってもいいんですけど傷とか付くのも嫌なので、ケースを作りました。
以前作ったデジカメケースとお揃いのデザインにしましたが、これって寒い時期限定な感じなので、春夏用にもう一個作っておかないとだなぁ。
でもこれ作っただけで疲れてしまったダメダメな私なので、いつ作るかは未定。(思い立った時にやっておかないと、しないくせに…。)

TIGER ステンレスミニボトル<サハラマグ> ブラック 0.2L MMP-A020KTIGER ステンレスミニボトル<サハラマグ>
ブラック 0.2L MMP-A020K




言葉 / ラムジ

B0010Z2D7M 言葉
 ラムジ

 エイベックス・エンタテインメント
 2008-02-06

======================================
ラムジの2ndミニアルバム。
SymmetrySに続いて、こちらもエイベックスからのリリース…
大嫌いなレーベルなのに。
ラムジについては最近知ったばかりで何も分からないのだけど
マイスペで試聴して気に入ったので買いました。
家でじっくり聴くと、ますます良い感じ。

タイトル曲である「言葉」は、KDDIとの共同楽曲制作プロジェクト「ケータイから名曲を」から生まれたもので、SNSサイトに集まったリスナーからのエピソードをもとにラムジが作詞・作曲したのだとか。
…って、正直、私はあまりそういうの好きじゃないんですが。
でもまぁコンセプトはどうであれ、名曲だと思います。

丁寧な歌い方、効果的なアレンジ、綺麗でセンスの良いメロディ。
キャッチーなので、多くの人に好かれる気がします。
私は、切なさと楽しさが混じり合った、この作品が好き。
既出のアルバムもいずれ買いたいなぁ。

ラムレンジャー momoiro

ラムジ Official Website
MySpace

SymmetryS / SymmetryS

B0010Z2D54 SymmetryS
 SymmetryS

 エイベックス・エンタテインメント
 2008-02-13

======================================
ラーメンズの小林賢太郎とFPMの田中知之氏から成るユニット、
シンメトリーズのデビューアルバム。これ、ヘッドフォン・オペラだそうで。
何の知識も持たずに一度聴いてみた時の感想は…
賢太郎さんらしいな~。でもどこか受け付けない部分もあるな~、と。
私がクラブ系の音楽をイマイチ好きになれなかったりして、
しつこく繰り返されるリズムにイラっときてしまう時があるからでしょうか。
ネタとしては面白かったりするし、これってソロコントライブとかで
使えそうやん、と感じるものもあるんですけどね。そういう意味で
好きな作品は「サンプラー作文」「Koniwa」「卒業生イン・ザ・ハウス」。
【芭蕉】でプッと吹き出し、【ナミウチギワ】と【カーテンに巻き付くヤツ】でニヤリとする私です。「卒業生~」は音楽としても軽快で好きです。
他にインスト曲の「Midnight Running」もカッコ良くて好き。しつこくないし。
そんな訳で、こういう作品ばかりだったら、好きなアルバムになってたんですけども、色々と嫌な部分、耳に付く部分があって。
まず1曲目は私的に、要らない。クドくて気持ち悪い。
楽曲解説に「いきなりド頭からリスナーを突き放す感じが非常に効果的」なんて書いてあったけど、どう効果的なの?理解できない…。
そしてヘッドフォンで聴くことを推奨してるのに、耳元で出されると不快な音が多いのです。ヌードルをすする音とか、プリングルスを食べる音とか。
こういうのって生理的に受け付けないんですけど…皆さん平気なんでしょうか??
賢太郎さんの才能は認めるし、発想が面白くて好きなんだけど、何というか気取りすぎ?そういう部分が鼻につくことがちょいちょいあります。
まぁそれが彼のスタイルでもあるんですけど。微妙なバランスです。
これって私が、嘉門達夫に慣れ親しんだコテコテの関西人だから?


SymmetryS Official Website
Potsunen.net
Rahmens.net


>> Read More...

Mae Japan Tour 2008 @ 心斎橋クラブクアトロ

フライヤー。旧メンバーだし…。(涙)今月に入って3本目のライブ。
なんでこんなに2月に集中したのか…
たっぷり遊ばせて頂いたので、
これから暫くは家に籠もります。
(でも、チーム・バチスタの栄光は観に行きたい)

今日はMaeのライブに行ってきました。
事故渋滞のせいで到着が遅れ、
開演15分前くらいに着いたのですが、
別に最前列でカブリつくつもりもなかったので、1番後ろの中央でゆったりと参加することができました。
開演は10分くらい遅れたはずなのに
8時半頃には終わってたから、実質80分くらい?
でも、あまり短さは感じなかったかも。

右上写真のフライヤーには旧メンバーが並んでいますが(涙)
Key.とB.はどちらもメガネくんにチェンジしてました。
なんかイメージが違う…。(まぁ、いいけど…)


>> Read More...

Fiction Plane Live @ Osaka

Vo.Joe Dr.Pete
雪が降り積もる中、Fiction Planeのライブに行ってまいりました~。
場所は大阪・梅田にあります、Shangri-Laです。このハコに来たのは初めて。
こぢんまりしたところでしたが、お客さんが50人程(!)だったので、余裕ありありな感じでございました。(年齢層、めっちゃ高かったなぁ。。。)
…で、ライブなんですけども。これが、すっっごく良かった!
生で聴くJoeの歌声は、ホントに父親そっくりでカッコイイ。そしてルックスも実際に見るとますます似てる。写真なんかよりずっとカッコ良かったデス。
日本語、たくさん知ってたなぁ。今まで出会った誰よりも1番日本語を使ってくれてました。中には微妙だったり、聞き取れない部分もあったけど心遣いがすごく嬉しい。メンバー紹介なんてフツーに日本語でやってるし。
ガッシリした長身で、髪を振り乱して演奏するJoe。
ドラムに登ってはジャンプ、アンプに登ってはジャンプ。
ベースを持って曲の終わりにジャンプする様は、ポリス時代のStingそのもので…ちょっと感動。
ドラムがかなり骨太な音を出していて、パワフルでカッコ良かったわ~。
それでいてコーラスワークは繊細だったりするし。Peteはお茶目で何とも可愛らしい人。
そして、Setonのギターが奏でるフレーズはいちいち私のツボにハマるので、じーっと見入ってしまうこともしばしばでした。
「Cold Water Symmetry」の鳴き(泣き)具合なんて、すごく好き。
ズッシリしたリズムに泣き気味のフレーズ、Joeの独特な声に重なるコーラス。全てが上手く合わさっていて、改めて、良いバンドだなぁ…と実感。
ライブ終了後のサービスもたっぷりで、メンバーはみんなフレンドリーですっごく充実した、楽しい一日を過ごせました。本当にありがとう!

明日は再結成したポリスのライブに参加するんだなぁ。
まだ知名度低いけど、これで一気にファンが増えるのでは…と思ったり。
今のうちに触れ合うことができて良かった。明日のライブも頑張って下さいっ。
みんなで記念写真 メンバーのサイン
セットリストは以下の通り。↓↓

>> Read More...

また、雪。

ぼたん雪今日は大阪Fiction Plane
ライブがある日なんですが…
またしても雪ですがな!
…あ。「ちりとてちん」の影響で最近、
噺家口調ぎみです。失礼…。
それにしても。私が出掛ける日は
よく雨が降るので、周りから雨女だと
言われるんですが、雨女は冬になる
と雪女になるんですか?(泣)
今もえらい降りようで…ボタン雪が
ハラハラと降り積もっております…。行きは何とかなるとしても、
帰りが凄く不安です。よりによって、なんで今日やのん…。

話は変わりまして。
今、ちりとてちんが佳境にさしかかっております。
まぁ多分3月末くらいまで放送はあると思うんですが、…師匠が!
草若師匠がとうとう…。(涙)最近のお話は、面白いけど悲しい。
最終回はきっとハッピーエンドなんだろうけど、違った意味で悲しいし。
こんな事なら最初っから全部見ておくんだったなぁ。
全話放送…ないだろうなぁ…。DVD、出ないかなぁ…。
今、他にハマってるドラマは「魔王」に「犬とオオカミの時間」。
これはどちらも韓国ドラマ。犬と~の方はWOWOWで第1話が
放送されたばかりだけど、もう引き込まれてます。面白い。
「魔王」の方は謎が深まるばかりで気になる気になる。
毎日、月~金に放送されるのでリズム良く見られるのが嬉しい。
オム・テウンは決して男前じゃないのにカッコ良く見える瞬間が
あるのが不思議。(そして日本語の歌を無理に歌ってるのが笑える)

…と、雪はさらに大降りです…るるる…。

Wouter Hamel LIVE @ Billboard LIVE OSAKA

080201_wouter行ってきました、ウーターくんのライブ。
Billboard LIVEは初めてでしたが
なかなかに良い雰囲気。
カジュアル席でまったりうっとり
してまいりました。
んもぅ、生ウーターくんはめちゃ
可愛い!何をするのも可愛すぎ!
動作がいちいち可愛いのっ!
(↑しつこい)
いやいや…ルックスのことばかり
言うのも何ですが、ホントに可愛かったのですよ…そして何より歌が上手いっ!センス抜群!心地良い音に包まれて、終始ニヤニヤしていた怪しい私です。18:30、アルバム1曲目の「details」で始まったライブ。
もう、第一声でやられました。なんて甘い歌声!うっとり…。
ピアノはリズミカルでパワフルで素晴らしかったし、ドラムとパーカッションの息はピッタリ合っていて、そこに主張しすぎないダブル・ベースとギター。
たまにパーカッションやピアノにちょっかい出したり、ピアニカや鉄琴を弾いたりするウーターくん。まるで、いたずらっ子みたい。30歳なのに!
今夜はスカイブルーの小ぶりなケースに入った鉄琴が大活躍してました。
曲のアクセントになってると言うか、ラブリー度が増す増す。
しっかりジャズしてるのに、ポップで可愛らしい。これは彼にしかだせないカラーだと思いました。
途中、プロデューサーでシンガーでもあるBenny Singsが登場して、ウーターくんは客席でまったり。そしてベニーが3曲ほど熱唱。
何というか…ヘタウマ系?それとも…あ、いえいえ…なんというか微妙な衣裳で独特の雰囲気に笑いを堪えるのが大変でしたが、これはこれで良かったです。まぁ、終盤ウーターくんと一緒に歌った時は歌唱力の差がありありで、ニヤリとしてしまいましたが。
帰り、カウンターにこんな風に↓並んだCDを発見。
I Love You ヘメル
ベニーさんもアルバム出してるんですね…あっはっは。(笑いすぎです)
それにしても。バンドは仲良く息もピッタリで、すごく心地良いひとときでした。大好きなジャズピアノとダブルベースを生で聞いたのは久々。
日頃の疲れも少し癒されました。ステキな夜をありがとう!
(ご一緒してくれたayaちゃんも、どうもありがとう。また行こうね!)

Wouter Hamel Official Website
MySpace
特設サイト(JP) *ココで見られるPVにあの鉄琴が登場!

 | HOME | 

Calendar

« | 2008-02 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

Archive

Categories


BlogPeople

 

Recommend


また「あるある」にダマされた。

コクヨS&T CD/DVD用ソフトケース MEDIA PASS 1枚収容 50枚セット 白 EDC-CME1-50W

ハングリー・ゴースト

ヘリオス

スーパーモデル

1stミニアルバム - 光化門で(韓国盤)

7集 スペシャルエディション - This is Love (ランダムバージョン)(韓国盤)

NELL 6集 - Newton's Apple (2CD) (韓国盤)

ショパン:練習曲作品10&25

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番&第21番

キーシン・プレイズ・シューベルト

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番&ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番

Vladimir Horowitz live at Carnegie Hall

Murray Perahia-the First 40 Years

Wish list


Nikon マウントアダプター FT1

Nikon 一眼レフカメラ FM10 ボディ

Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D

FUJIFILM インスタントカメラ チェキ instax mini 90 ネオクラシック INS MINI 90 NC

菊池亜希子のおじゃまします 仕事場探訪20人

下田直子の刺しゅうの本―バッグ・ポーチ・こもの

手縫いで、革小物

レザークラフトの便利帳: 革のすべてを知って作る

Complete Works

Claudio Abbado: The Symphony Edition

Centenary Edition-100 Years of Great Recordings

バッハ:イギリス組曲第2番&第3番

バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻

ショパン・リサイタル

連続編みモチーフの模様集

おしゃべりな帽子―思ったよりずっとやさしい、帽子作り

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


私的ブックマーク

FC2Ad

Appendix

楓

Author: 楓

birth: 1969.12.01

神戸出身・姫路在住。('95~)
チェブラーシカと音楽、
タイガースをこよなく愛す。
ゆったり・まったり生活が憧れ。

ここ数年は
編み物・カメラにハマリ気味。

使用機種:Nikon D40/D7000
       Nikon 1 J1
       RICOH GX200

主要レンズ:
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di2 VC PZD B008N

Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8G

Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)

Nikon AF-S  Micro 60mm F2.8G ED AFSMICRO60GED

TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD ニコン用 B008N

H P↓
ぴょんまめ
Last update : 2005.08.27


ポラロイドフィルムForever



Powered by NINJA TOOLS



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。