comfortable life.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No Need To Be Downhearted / The Electric Soft Parade

B000NQR7T8 No Need to be Downhearted
 The Electric Soft Parade

 Truck 2007-04-24

======================================
アレックス&トムのホワイト兄弟を中心としたUKのバンド、
エレクトリック・ソフト・パレードの3rdフル・アルバム。
先日、予約してたEDITORSの新譜を引き取りに行ったついでに買い、
EDITORSよりこっちの方が気に入ってしまいまして、
それからリピートしまくりなのです。
とにかくメロディがいいのと、程良くエレクトリカルな音だったりするのと、いい感じに力が抜けてるところが大好きです。
見事に私のツボにハマってしまいました。

The Electric Soft Parade OFFICIAL WEBSITE
MySpace
スポンサーサイト

Don't Make Me Wait / Locksley

B000M2E3EA Don't Make Me Wait
 Locksley

 Feature 2007-01-16

======================================
アメリカの4ピースバンド、Locksleyのデビュー盤。
kazukoちゃんに頂きました。ありがとう~♪
1曲目でガツンときた!…のは、Ok Goのあの曲にちょっと似てるから?
いやいや、それだけではない、何とも言えない勢いを感じたからでしょう。
全体的にはビートルズをガレージにしたような音かな…と思ったら
実際、本人達がそういった事を言ってるとか。うん、納得。
スッと馴染むメロディに、心地良いハーモニー。
誰でものれてしまう音は、広く愛されそうな予感。

Locksley Official Website
MySpace

手ぬぐい・その7。

刺し子パンダ&ペンギン柄。先週末に申し込んだ、
濱文様さんの手ぬぐいが
やっと届きました。わーい♪
注文が多かったのか、ちょっと
待たされちゃったけど
思った通りの可愛さだったので
満足満足。
今回購入した柄は、手ぬぐいでは
新柄のペンギンと、刺し子パンダ。
どちらも大好きな動物なので
アチコチでないかな~と探してた柄なのですが、納得のいく可愛さのものには
出会ったことがありませんでした。
でも、この濱文様さんの手ぬぐいは、一目でドッキューン。
実際に手にとってみると、ますます良い感じで、顔がほころびます。

【私信】kazukoちゃん、長らくお待たせしてまして…ごめんなさい。

すっかり家族の一員?

電線に留まるヒナ2羽。 電線に留まる父親ツバメ。
父ツバメのシルエット。 甘えん坊ヒナちゃん。
なんだかんだで結局、ツバメ一家はまだ住み着いています。
夜が明けるとそれぞれに飛び出していきますが、何度も巣の辺りをうろつき、
夕方になると戻ってきて、皆で巣の横に並んで眠りにつくという感じ。
いつも賑やかで、見てるとひとときホッとします。
写真右上は父親ツバメで、左上はヒナ2羽。こうして比べると体がぽっこり
まぁるくて子供らしい。
右下の写真は、夕方になって巣のところまで帰ってきたヒナ1羽。こんな風に
巣を作った、うちのシャッター上部に皆が集まってきます。
左下の写真は、家族が帰ってくるのを待ちながら辺りを警戒する父親ツバメ。
凛々しいシルエットです。
壁にしがみつく母親ツバメ。その時、母ツバメは…というと
カメラを持って巣に近づく私を警戒し、
さんざん近くを飛び回った後に
とうとう壁に貼り付いてしまいました。
こんな事もできるんですね…
って、感心して見てるのも悪いので
今日の撮影は早々に終了。
その直後、ヒナ達がみな帰ってきて
賑やかな鳴き声が聞こえていました。
さ、仲良くおやすみ~。

今日のツバメちゃん。

佇むヒナちゃん。 電線に留まる父親ツバメ。
様子をうかがう父親ツバメ。 凛々しい父親ツバメ。
                            【写真は全てクリックで拡大表示↑】
何だかココがツバメ日記になりつつあるような…。
でも、最近はあまりにも身近にツバメちゃんがやってくるので、カメラを
向けずにはいられない私なのでした。
写真・左上はお隣の窓枠に佇んでいるヒナです。手を伸ばせば届きそうな
くらいの位置にいるのに、全く逃げる気配がない。
くちばし周りの白さは消えてきたけれど、羽はほっこりふわふわで
まだまだあどけなさが残ります。んもぅ、可愛すぎ!!
残りの写真は全て父親ツバメです。家の前の電線に留まってアチコチを
チェックしています。親だけあってキリリとしております。
そして…なぜだか夕方になると家族一同で巣に帰ってきて、ヒナはエサを
お強請りし、夜は並んで眠っているのですが…いいんですか?(笑)

巣立ったはずが…。

でっぷりヒナちゃん?先日、立派にツバメが巣立った…
はずだったんですが、実はあれから
姿を見ない日はありません。(笑)
1羽のヒナはずっと両親に付き添われ
巣の近くに帰ってくるのですが
なんと他の3羽のヒナまでも現れる
始末。昨年はそんなことなかった
のになぁ…。
巣立った後は寂しかったので
嬉しいっちゃあ嬉しいんだけど
なんだかちょっと複雑な心境です。みな無事に独り立ちするのかなぁ…?
右上の写真は、今日の夕方、巣の向かい側にあたるお隣の家の庇に留まったヒナちゃん。あれ?でっぷりしてる…と思ったら、実はこんな状態でした。
寄り添うヒナツバメ・1 寄り添うヒナツバメ・2
【上の2枚はクリックで拡大表示↑】
まだまだ甘えん坊な様子で、仲良く寄り添っております。
人間に対してあまり警戒心がないので、カメラ目線にもなってくれます。(笑)
夕空に舞うツバメ。 巣の横に並んだヒナツバメ3羽。
夕方、チュンチュンと騒がしいと思ったら、ヒナ3羽と父親ツバメの姿が。
巣の辺りを飛び回っていました。そして、巣の横に並んでじっとしてるヒナ達。
じっと見ていると、まだ親ツバメにエサをもらってました。
せっせとエサを獲りに飛び回る親ツバメ。大変だわ…。
…本当の意味で巣立ちする日はいつのことやら。でも可愛いから良し。(笑)

The Magic Position / Patrick Wolf

B000LRY9WM The Magic Position
 Patrick Wolf

 Polydor 2007-02-26

======================================
パトリック・ウルフのメジャーデビュー盤。
kazukoちゃんより頂きました。いつもありがとです!!
インディーズ時代から気になっていて、何度かHPを覗いたりビデオ試聴したりしてはいたんですが、何だか手を出してはいけないジャンルのような気がして意識的に遠ざけていたミュージシャンだったりします。(笑)
最近ではその存在を忘れかけていたんですが、赤毛になって可愛さがUPしたこのジャケにまず目を引かれ、次に、ちょっとカラフルになった音にもグッときてしまいました。あー、やっぱり好き。
風変わりだとか言われてますが、音自体はそこまで変ではないし…
まぁ「えまーじぇんしー!」とか結構ウケる部分もありますが、そういうのも嫌いではないし(むしろ好きかも…)
オモチャのピアノとか、ビブラフォンとか、ウッドベースに、ウクレレまで…色んな音が混ざり合ってて、ワクワクする1枚。
賑やかに楽しいだけじゃなくて、奥に潜む暗さとかが垣間見られる部分に心惹かれるというか、いけないと思いつつ手を出してしまうような中毒性をもってます。(若干言い過ぎですか?)
デビッド・ボウイがどうの…とかよく聞くんだけど、私は断然パトリックの方が好きだなぁ。

Patrick Wolf Official Website
MySpace

Recyclable / dbClifford

Recyclable Recyclable
 dbClifford

 Vik Recordings 2007-05-08

======================================
カナダのニューカマー、dbCliffordのデビュー盤。
アマゾンで検索しても出てこないのですが、記事にしたいので
無理矢理HMVにリンク。(いいんでしょーか…?)
紹介というより、自分の覚え書きとして置いておきたいだけだったりします。
彼についてはリンク先で確認して貰うとして、
とにかく普遍的なグッドメロディに誰もが心地良くなるはずの名盤。
これを全部1人で作ったとは…素晴らしい才能をお持ちでございます。
UKやフランスでもリリースが予定されてるみたいだし、いずれ日本でもボートラを何曲かプラスして発売されることでしょう。
曲数によっては、また手を出してしまいそうな自分がいたり…げふんげふん。

dbClifford Official Website
My Space

Dog Problems / The Format

B000FVBLGQ Dog Problems
 The Format

 The Vanity Label 2006-07-11

======================================
リリースされてからかなり経ってますが…フォーマットの2nd。
ちょっと聞いただけだと、いわゆるドリーミーポップ、といった趣ですが、よくよく聴いてるとそれだけではない、奥深さが感じられます。
歌詞が凝ってて、韻を踏んだり言葉遊びがあったりで
音と言葉が一体になった心地よさがなんとも言えません。
音自体も、賑やかで楽しい中にちょっとした哀愁感があり、聴くほどに発見するものがあって、どんどん好きになります。
ジェリーフィッシュに例えられることが多い彼等、今回はなんとそのジェリーフィッシュにいたロジャー・マニングも制作に参加したらしく、国内盤ではジェリーフィッシュのカバー曲がボーナストラックとして収録されていたりと、注目すべき点が多い作品です。
TV EYESでガッカリした人(私を含む)でも、これならいけるハズ。
POP好きな方にオススメです。

The Format Official Website
My Space

ツバメの巣立ち・07。

お父さんツバメ。 居残りヒナ&お父さんツバメ。
今日、16日。とうとうヒナ達が巣立ちました!
数日前の天気予報では、週末の空は雨模様だと言っていたので
もう暫くとどまってくれると思っていたのだけど、今日は快晴。
これはほぼ間違いなく巣立つはず、と前日から予想していた私でしたが
実は、昨日から体調を崩していまして、今朝は寝込んでいたので
巣立ちの瞬間に立ち会えず…。(号泣)
胃腸薬を飲んで昼過ぎくらいにはそれなりに調子が戻ってきたので
巣を確認してみたところ、ツバメちゃんの姿はなし。うわわん。
…と、思っていたら…お昼の3時頃。
ツバメのペアが何度も巣の近くにやってきて、鳴きはじめたのでした。
物凄い速さで飛び回るので写真は撮れなかったのですが、暫く見ていると
ヒナも1羽いる!…どうやら育ちが遅かったようで、飛ぶ姿もぎこちない。
エサも上手く捕れないようで、親が飛ぶ姿を目でじっと追いかけてる。
これはきっと、巣の中で兄弟達に下敷きにされてたヒナに違いありません。
お隣の家の庇の上で佇んでいるので、バッチリ写真に収めました。むふ。
結局このツバメちゃん、今夜は両親と一緒に巣でおやすみしています。
明日には巣立ちできるかな…?頑張れ。(笑)
居残りヒナ・1 居残りヒナ・2
居残りヒナ・3 居残りヒナ・4
【写真全てクリックで拡大表示↑↑】

ツバメちゃん・巣立ち直前。

ツバメのヒナ・1 ツバメのヒナ・2
ツバメのヒナ・3 ツバメの親子・エサを催促するヒナ達。
【写真クリックで拡大表示↑】
今週水曜日、13日のヒナの様子です。
ヒナの数は4羽、でも親ツバメに積極的にエサをねだるのは3羽。
1羽は兄弟達の下敷きになっている模様…。
全員がしっかり巣立ってくれるのか不安な私なのでした。
写真は兄のカメラで撮影。あれだけ嫌な顔をしていたのに、今回はあっさりと
貸してくれました…なんで?
まぁそんな訳なので、バシバシ撮ってやろうと思っていたのだけど
カメラを持って近づくと親ツバメが物凄く警戒するのは相変わらずで。
少し離れたところから望遠をMAXにしてカメラを構えるものだからブレまくる。
その上、エサをやる動作がいつもの数倍の速さになっていたので
親ツバメの姿を捉えるのは至難の業でした。

THE BOY WITH NO NAME / TRAVIS

B000NY13RM THE BOY WITH NO NAME
 TRAVIS

 ソニーミュージックエンタテインメント
 2007-05-02

======================================
トラヴィスの5作目。
実は私、彼等のアルバムを買ったのはこれが初めてなのです。
今までなぜか手にする機会がなくって…数年前、せめてベスト盤だけでも買おうかな…なんて何度も悩みつつ、そのままにしてました。
今回じっくりと彼等の音に触れてみて、今まで何で買ってなかったんだろうと後悔しまくりです。
もう私があれこれと説明するまでもなく、ホントに素晴らしい曲の数々。
一度でも耳にすれば、誰もがそれに気付いてしまうほどに…。
アルバム1曲目から心奪われ、掻き乱されます。
私は洋楽を聴く時ってけっこう音としてだけ認識する事が多くて、
あまり歌詞の内容とか気にしなかったりする方なんですが、
トラヴィスの場合は歌詞がぐわっと入ってきてしまう。
フランが、言葉1つ1つを噛みしめるように歌っているからだろうなぁ…。
心に響く歌声をしてらっしゃいます…うっとり。
メロディは超美麗、そして録音状態も良いのか、音が綺麗なのもポイント高し。

TRAVIS Official Website (UK) / (JP)
My Space

手ぬぐい・その6。

白竹堂のてぬぐい。こないだ大阪に行った時
可愛い手ぬぐいを見つけたので
また買ってしまいました。
これは白竹堂さんのモノ。
上がオート三輪で、下がpigs
cowsも可愛いので欲しかったのに
ショップに在庫がなかったので
またいつか買おうかな、と
思ったりしています。
オート三輪の方は、友達にも
お土産として購入。喜んでもらえるといいのだけど…。
いつも何かお気に入りを見つけると、誰かに勧めたくなる私です。
余計なお世話かもしれないのになぁ…迷惑だったらどうしよう。

その後のツバメちゃん。

警戒する父親ツバメ&大きくなったヒナ達。
以前の記事で触れた、ツバメちゃん。
その後、5月後半にはヒナの声が聞かれるようになり、
ここ最近は急成長を遂げています。親ツバメは1、2分おきに夫婦交互で
毎日せっせとエサを運び、ヒナ4羽が巣から溢れ出しそうな勢い。
…と言うか実際、今月1日には、巣から落ちた(もしくは落とされた)らしく
巣の下で1羽のヒナが亡くなっていて…泣く泣く花壇の隅に埋めたのでした。
ツバメの子育てではよくあることらしく、成長が遅れたもの、弱いものは
生き残れないようです。可哀想だけど、受け入れるしかありません。
せっかくのツバメの子育て、しっかり写真に収めたいところなのですが
兄のカメラを貸してもらえないので不鮮明な写真しかありません。
あまり巣に近づくと、親が警戒してエサをやりに来なくなってしまうしなぁ。
昨年のように、そろそろ巣立ちの時期が近づいている気がします。
今週末から来週頭くらいの間の、天気のいい日が要注意かな?
せめてその時くらいバッチリと写真に収めたいのだけど…無理かなぁ…。
なんとかお願いしてカメラ貸してもらおうかな。
あぁ…自分専用の1眼レフが欲しい!

These things move in threes / Mumm-Ra

B000NY14D0 These things move in threes
 Mumm-Ra

 ソニーミュージックエンタテインメント
 2007-05-23

======================================
英国ベクスヒル出身の5人組、マムラのデビュー盤。
日本では既に昨年のフジロックでお披露目されてるみたいですが
私はこのアルバムで初めて知りました。
22歳という若いメンバーから繰り出される音楽は、自由で、個性的で
のびのびしていて、聴いててホントにワクワクします。
曲の展開が見事で、一筋縄でいかない感じが大好き!
Vo.ヌーが中学生の時にRADIOHEADの音と出会って衝撃を受けたらしいのだけど、それが「KID A」だっていうんだから、私にとっては、そっちの方が衝撃。いやぁ、その若さが眩しい!
…で、その辺の影響をまともに受けてるな~っていうギターも
ちらほらと聴かれるのですが、それがまた私のツボを刺激する訳です。
とにかく名曲揃いで、アルバム丸ごとバッチリ楽しめてしまうので
色んな方に聴いてもらいたいです。UKロック好きな人なら間違いなし!
日本盤は4曲のボートラ+EXTRAで4曲のPVも入っているという
大ボリュームなので、私はこちらをオススメします。
ほんとに今後の成長が楽しみで仕方のないバンドです。大注目☆

Mumm-Ra Official Website (UK) / (JP)
MySpace

We were dead before the ship even sank / Modest Mouse

B000MRA4WK 生命の大航海
  (初回生産限定盤・DVD付)
 Modest Mouse

 ソニーミュージックエンタテインメント
 2007-06-06

======================================
モデスト・マウスのメジャー2作目。
彼等の音にはあまり興味がなかったのですが、元・スミスの
ジョニー・マーがギタリストとして正式加入したということで
手に取りました。(単純)
一通りサラッと聞いた時には私好みではないな…と思いました。
特に、アイザックのしゃがれ気味な声が受け付けない感じだったのです。
ところが慣れてくると、それが良い味だと感じるようになってきて…。
このアルバム、何度か聴いていくうちにどんどん良くなってきます。
ジョニー・マー色は思った程前面には出ていなくて、ところどころで
「…お。」と感じる程度なのですが、それで丁度いいかもしれない。
何というか、じっくり聴いていると音の1つ1つがすごく計算されていて、絶妙なバランスなのです。
まぁそれは作り込まれたモノなのか、長いキャリアから自然と生まれたモノなのかは私には分からないのですが…。
初回限定はDVD付き。「Dashboard」と「Float on」のPV、そしてメイキングも入ってます。なかなかに凝った映像で面白かった。
今なら通常盤より安く手に入りますので、オススメです。

Modest Mouse Official website
MySpace

Aqualung LIVE @心斎橋クラブクアトロ

Aqualung_Tシャツ行ってまいりました、Aqualungの
大阪ライブ!!
いやぁ~良かった。ホント良かった!
いまだ興奮冷めやらぬ感じです。
今日はお客さんがあまりいないし
(150人くらい…??)
盛り上がらなかったらどうしようとか思ってたんだけど、いらぬ心配でした。
19時過ぎにスタート…のはずが、
何やら日本のバンド(名前忘れた)の前座が延々30分あり、その後
15分ちかくセッティングに掛かったので結局始まったのは19:45頃。
じらされまくったお陰で逆に気持ちが高ぶり、マットが現れた時には最高潮。
Still Lifeあのラブリーな眼鏡姿に体温が2度くらい
上がったのでは、と思われます。(でへへ)
ステージ中央に置かれたキーボードの上には、
ガムテをわっかにして貼り付けてありまして、
(開演前に女性スタッフ(奥さん?)が貼っていた)
演奏が激しくなるとメガネをサッと取り、そのガムテにピッタンとはっつけて
いたのがツボでした。メガネを掛けたり外したり…ムキュ~ン(謎)
Brighter Than Sunshine, Vol. 1 ←こんなに優雅ではなかったケド。(笑)

>> Read More...

Costello Music / the Fratellis

B000LZ55BS Costello Music
 the Fratellis

 ユニバーサルインターナショナル
 2007-03-07

======================================
iPodのCM曲でも有名な、フラテリスのデビュー盤。
kazukoちゃんより頂きました。いつもありがとです!!
内容については私が今更説明するまでもないので長々と書きませんが、フランツ的なノリの良さ、グッドメロディでとにかく気持ち良い。
実際の演奏力がどうなのかは知らないけれど、ライブとか楽しそう~。

the Fratellis Official Website
MySpace
======================================
今日、行きつけのHMVでCDを一枚購入。
EDITORSとOCEANLANEの新作を予約して、
新メンバーズカードの説明を受け、「分かりました~。」と良い返事だけ残して、何も持たずに帰ろうとした私。
すぐにクドカン(似の)店員さんに「あ、商品…!」と呼び止められる始末。
こういうの、以前はしたことなかったし、人がやってるのを見ても理解できなかったのになぁ…最近、けっこう多いんです。…あぁ、情けない。(汗)
カード紛失の時の応対もクドカンさんだったし、なんかいつもニヤニヤされるので、きっと何かしら思われてるんだろうなぁ…恥ずかしーー。

脳年齢って…。

脳年齢。。。DS Liteを買ってから
漢検とえいご漬けを欠かさず続け、
数日遅れで買った「脳トレ」も毎日
やっている私です。初日の脳年齢は
実年齢-2才でしたが、その後は
20代前半をキープしてまして、
先日、やっと最高の20才に到達!
…したんですけどもね…。
実のところ、脳年齢ってどうなの…?
なーんて半信半疑だったりします。
まぁ脳を鍛えること自体は悪いことではないと思うんですけれども
このソフトでそこまでトレーニングできるものなのかなぁ、と。
測定結果もある程度の目安になるかな、程度だし…。
いくら脳年齢が若かろうと、「フライパン」を「ヘルメット」と言ったり、
「スイカ」を「ちくわ」と言ってしまったりするんですから、何とも。
私に必要なのは、実際のところ、休息なのかもなぁ…なんて思ったりする
今日この頃です。ふぁ~~~あ。

 | HOME | 

Calendar

« | 2007-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archive

Categories


BlogPeople

 

Recommend


また「あるある」にダマされた。

コクヨS&T CD/DVD用ソフトケース MEDIA PASS 1枚収容 50枚セット 白 EDC-CME1-50W

ハングリー・ゴースト

ヘリオス

スーパーモデル

1stミニアルバム - 光化門で(韓国盤)

7集 スペシャルエディション - This is Love (ランダムバージョン)(韓国盤)

NELL 6集 - Newton's Apple (2CD) (韓国盤)

ショパン:練習曲作品10&25

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番&第21番

キーシン・プレイズ・シューベルト

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番&ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番

Vladimir Horowitz live at Carnegie Hall

Murray Perahia-the First 40 Years

Wish list


Nikon マウントアダプター FT1

Nikon 一眼レフカメラ FM10 ボディ

Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D

FUJIFILM インスタントカメラ チェキ instax mini 90 ネオクラシック INS MINI 90 NC

菊池亜希子のおじゃまします 仕事場探訪20人

下田直子の刺しゅうの本―バッグ・ポーチ・こもの

手縫いで、革小物

レザークラフトの便利帳: 革のすべてを知って作る

Complete Works

Claudio Abbado: The Symphony Edition

Centenary Edition-100 Years of Great Recordings

バッハ:イギリス組曲第2番&第3番

バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻

ショパン・リサイタル

連続編みモチーフの模様集

おしゃべりな帽子―思ったよりずっとやさしい、帽子作り

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


私的ブックマーク

FC2Ad

Appendix

楓

Author: 楓

birth: 1969.12.01

神戸出身・姫路在住。('95~)
チェブラーシカと音楽、
タイガースをこよなく愛す。
ゆったり・まったり生活が憧れ。

ここ数年は
編み物・カメラにハマリ気味。

使用機種:Nikon D40/D7000
       Nikon 1 J1
       RICOH GX200

主要レンズ:
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di2 VC PZD B008N

Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8G

Nikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)

Nikon AF-S  Micro 60mm F2.8G ED AFSMICRO60GED

TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD ニコン用 B008N

H P↓
ぴょんまめ
Last update : 2005.08.27


ポラロイドフィルムForever



Powered by NINJA TOOLS



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。